セドナメソッド

セドナメソッド【解放の手順】

セドナメソッドは私の瞑想の中心になってしまいました。というよりすべてと言っていいかもしれません。セドナメソッドの解放手順はシンプルでいて強力に作用します。日常的に使うことができるお手軽感と深遠な境地を両立している方法です。:セドナメソッド【解放の手順】

セドナメソッド(解放の手順)はすごい

セドナメソッドを知ってからの私の変化は自分でも驚くほどです。
心の安定度はどんどん高まっていると感じています。当然揺れ動くときはありますが、迷いの堂々巡りの時間はかなり短縮されています。
セドナメソッドがうまくいったときは瞬間的に気分が晴れて、自分の願はすでに叶っているという気分になったりします。
それよりも、最近ではうまく行っても、うまく行かなくても、どちらでもいいとまで思えるようになってきました。
それは、不満な現状の均衡を破るためには必要なことだと理解できたことと、願いはすでに叶っているという不思議な感覚を実感できてきたからです。
まだまだ少し進んだ程度のレベルですが、これからセドナメソッド(解放)を進めていこうと思います。
自分の心の変化が一番顕著ですが、現実が動いているのは実感しています。
実生活が全く変わってしまいましたから、それは間違いないと思います。
すべての願いが叶うというレベルまでは進んでいませんから、これからの変化を楽しみにしつつ、セドナメソッド(解放の手順)で感情や欲求を解放していこうと思います。

本の通りに実行するだけで効果を体験できます≫≫セドナメソッド(解放の手順書)

セドナメソッド(解放の手順) 基本的な質問

【解放のための基本的な質問】
「今、何を感じていますか?」

「その感情を認める事はできますか?」→ 「はい」/「いいえ」
「それを手放せますか?」→ 「はい」/「いいえ」

「手放しますか?」→ 「はい」/「いいえ」

「いつ?」→ 「今」
その感情から自由になったと感じるまで、必要な回数だけ繰り返します。

基本はたったこれだけです。
これだけの自問(自分に質問する)ことで、感情や欲求が解放されるのですから、素晴らしい方法です。
この解放の手順は自分で体験してみなければ絶対に理解できないと思います。
古くから伝わっている瞑想法や覚醒法とも共通している手順ですから、このセドナメソッドは正道だと感じます。
何より、実行してみれば経験できると思いますが、自分の心が静まってくるのを実感できると思います。
そして、リラックスした安定感のような実感を得ると思います。
人により効果は様々だということもありますから、自分の経験だけを信じることが大切です。

本の通りに実行するだけで効果を体験できます≫≫セドナメソッド(解放の手順書)


セドナメソッド【解放の手順】「新着情報」

セドナメソッドの真髄

六つのステップ すべてに優先して、自由を求めるすべてを解放して、自由になることを決意するすべての感情は四つの欲求から発生していることを認識する常時開放する。何時でも何処でも解放を意識する行き詰まった時は「変えたい」気持ちを解放する解放する度・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

感情に気付いてすぐ解放

感情に気付くとすぐに解放の手順へ移行している感じになってきました。 セドナメソッド(解放の手順)をやろうと意識する前に、感情に気付いたら自然に解放の手順を行なっているときがあります。 今日などは、怒りに気付いた次の瞬間には「これは制御欲求だ・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

抵抗の解放テクニック

抵抗を解放するテクニックは抵抗を認めて受容れることからスタートですね。 微妙な抵抗や過去から習慣的に行ってきたことを改善することへの抵抗はかなり手強いものですが、それでも、正面から向き合って受容れることで、解放のきっかけがつかめると思います・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

セドナメソッドのコツ

セドナメソッド(解放の手順)はコツの集大成といえる手法なのですが、 それでもコツと言えるようなものがあるように思います。 私の場合は、ヨウシやってやろうなんて意気込んで行なうと、良くありませんね。 なんか、適当に気分が良くなるからやってみよ・・・
  ≫ ≫ 続きを見る