セドナメソッド 抵抗

最近セドナメソッドを行っていない:抵抗:セドナメソッド【解放の手順】

最近セドナメソッドをあまり行わなくなってしまいました。これも抵抗の現われなのでしょうね。ただ、心が楽になったからあまり行っていないということもあります。:最近セドナメソッドを行っていない:抵抗:セドナメソッド【解放の手順】

最近セドナメソッドを行っていない

最近はセドナメソッドをあまり行わなくなってしまいました。これも、抵抗のせいでしょうね。
それと、心がかなり楽になったのでセドナメソッドへの興味が薄れてきたのもあります。
これも、抵抗による感情かもしれませんが・・・。
でも、心が辛くなったときはすぐにセドナメソッド(解放の手順)で感情を手放していますが、以前ほど真剣に取り組んではいません。
それでも、セドナメソッド(解放の手順)には、効果を感じます。
苦しくなった心が、感情を手放すことで楽になるのと、とらわれていた感情から自由になった気がしますから。
本当はセドナメソッド(解放の手順)を習慣的に続けていればもっと深い境地になれるのだろうな、と思ってはいるのですが、中々本格的に始められない状態ですね。
それでも効果を感じられるのですから、セドナメソッド(解放の手順)は素晴らしい方法ですね。
苦しい心が解放されると、楽になりますからね。皆さんに勧めたいです。
簡単な手順で深い効果を体感することができますから、少し才能のある人は数ヶ月で悟りの境地に達するといわれていますしね。
そこまで行かなくても、心が楽になるだけで自分の可能性が拡がったように感じますから、そして、後ろ向きになった心も瞬間的に解放されて、前向きに考えられるように変化します。
潜在意識や引き寄せの知識があるからかもしれませんが、心の変化は面白いように実感できます。
前向きになった心で何かを行う方が絶対に良いですからね。
これからもセドナメソッド(解放の手順)は続けていきますが、いつから真剣に取り組むかは分かりません。

スポンサーリンク




恐怖を解放してみる

抵抗を解放しきるのは結構時間がかかりそうですし、手強い抵抗が潜んでいますね。 ですから、まずは恐怖を解放してみようと思います。 恐怖を取り上げて、一つ一つ解放してみようと決めました。 この記事は結果が出れば残しますが、何の変化もなければ削除・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

抵抗は自然な反応

何かをしようとしたり、変えようとするときに、抵抗が発生するといわれていますが、抵抗は悪い面だけではなく、安定(現状維持)の力も抵抗の働きといえます。 ですから、抵抗は心の自然な反応ですから、誰にでもあるものだということです。 ただ、願いに向・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

変えようとすれば抵抗が生まれる

何かを変えようとすれば、そこに抵抗が発生するので、セドナメソッド(解放の手順)では、変えたいという気持ちと、変えたくないという気持ちの両方を手放すように教えています。 これは、凄いことです。 変えたい気持ちを手放したら変わらないだろうと思う・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

抵抗の解放テクニック

抵抗を解放するテクニックは抵抗を認めて受容れることからスタートですね。 微妙な抵抗や過去から習慣的に行ってきたことを改善することへの抵抗はかなり手強いものですが、それでも、正面から向き合って受容れることで、解放のきっかけがつかめると思います・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

根深い抵抗

とても根深い抵抗があるのは分かっているのに、その抵抗が解放できない。 本当は解放したくないような気もする。 全ては自分の意識の問題なのに、ほんの些細な問題なのに、私には大問題だと思える。 そんな根深い抵抗が心の底に存在している。 私は変わり・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

心の抵抗を手放せば現実が変わる

心の抵抗を手放せば、現実が変わるといわれていますが、何故抵抗があり、不満な現実が均衡を保って現れ続けているのでしょうか? 私が今の段階で感じているのが「恐怖」だと思います。 変化は未知なる領域への参入を前提にしているということ、自分の知らな・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

心の抵抗を変えようとするのも抵抗

今の状況を変えようとすると、そこには心の抵抗が生まれるといわれていますが、心の抵抗を変えようとしても、さらに抵抗を強めるだけのことでしょう。 心の抵抗も自分の心ですから、受入れて手放すことが必要なのですね。ところが、深い部分にある心の抵抗に・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

現実が変わらないという

最近、よく相談されるようになったのですが、一番多いのが潜在意識や引き寄せを活用しているのに現実が変わらないという質問です。 そして、その人たちの言葉をよく聞いていると、うまくいかないことに焦点を当てているのがよく分かります。 そして、それは・・・
  ≫ ≫ 続きを見る